妊娠中の人は要注意!妊娠線は専用のクリームで予防できる

HOME>オススメ情報>妊娠線ができる理由&改善するための方法とは

妊娠線ができやすい人の特徴

お腹が大きくなるにつれて、下腹部やお尻、バストが引っ張られ、赤紫色の細い線が沢山できます。これを世間では妊娠線と読んでいます。主な原因は急激な体重増加が挙げられ、妊娠線クリームでのケアと、体重管理が発生を止めるカギとなります。

妊娠線と正中線の違い

正中線

正中線の特徴は、お腹の中心に一本だけ線が入った状態をいいます。妊娠線のように、さまざまな部分に出るわけではなく、正中線も妊娠線同様、妊娠中によく見られる症状の一つです。

妊娠線

お腹、お尻、太ももに無数の線が出るのが妊娠線です。見た目はまるで断裂したように見え、炎症状態に陥ります。最初は紫色ですが、時間が経過すると薄くなります。

妊娠線を予防するにはやっぱりクリーム

一度できてしまった妊娠線をキレイさっぱり消すことはできません。ある人は、妊娠線を子供を授かった記念として放置する場合もあります。しかし、妊娠線がひどい場合水着を着た時目立つため、多くは妊娠線クリームを使ってケアをします。

妊婦が使っている妊娠線クリームベスト5

お腹
no.1

人気ブランドが生み出したクリーム

トップ入りしたのは、数々の商品を世に出す人気ブランドの妊娠線クリームです。海外で認められたシラノール誘導体やスーパーヒアルロン酸、葉酸を含んでおり、肌に潤いを届けます。

no.2

共同開発で生まれた奇跡のクリーム

肌の再生を助けることで知られる葉酸を多く配合している高品質の妊娠線クリームは、日本にある有名な研究所とタッグを組んで生まれた商品です。潤いを与えるだけでなく、肌の調子を整える成分で滑らかな仕上りを実現します。

no.3

できてしまった妊娠線に効果大のクリーム

皮膚科医と共同開発された妊娠線クリームも安定した人気です。有効成分にビタミンC誘導体、フラーレン、GF・FGFがあり、天然由来成分による相乗効果で妊娠線による亀裂を薄くしてくれます。

妊娠線ができる理由&改善するための方法とは

妊婦

クリーム以外にもしておきたい対策法

できてしまった妊娠線は、妊娠線クリームで予防するに越したことはありません。しかし、それだけでは妊娠線を確実にブロックすることは難しいです。そこで試したいのが体重をゆっくり増やす、体を適度に動かすなどです。妊娠線が出る原因の一つは、急激な体重の増加なので、これさえ防げれば妊娠線の出現を止められるはずです。それでもできてしまった時は、クリニックで治療を受けるといいでしょう。最新治療のお陰で妊娠線が目立たなくなります。

妊娠線に関する疑問点を紹介

美容クリーム

いつ頃からケアをしたらいいですか?

多くは、妊娠が発覚してから4ヶ月目ぐらいです。このころにお腹が大きくなるので、ちょうどいいでしょう。お腹の張りがひどい場合は、4ヶ月目より早く行なうのがポイントです。

妊娠線に種類はありますか?

妊娠線には大きくわけて新妊娠線、旧妊娠線の二つがあります。新妊娠線は、妊娠中期から後期に現れやすく、また旧妊娠線は以前のものが古傷化したものです。それぞれケア方法が違うので、気をつけましょう。

クリニックではどのような治療を受けますか?

すでにできている妊娠線の場合は、レーザー治療、炭酸ガス治療、外用薬を使って妊娠線を消します。詳しいことは、クリニックのカウンセリング時に質問しましょう。

広告募集中